メールでの相談は可能ですか

2023/01/16

はい可能です。メールでのご相談は少しお時間に余裕のある方や、日中仕事などで葬儀社へ相談に行けない方におすすめです。

安心価格のお葬式プラン

「家族葬のすずき」が皆様に選ばれる理由


よくある質問

Q. 【葬儀前】忌中と喪中はどう違いがあるのですか

四十九日までの期間を「忌中」と言います。これが過ぎると「忌明け」となり、神棚の半紙などを取り除き、神社へのお参りができるようになります。また「喪中」は一年間となります。

Q. 【ご葬儀】家族葬はどのような方がご利用していますか

一般的な葬儀を、費用も抑えて小規模で行いたい方や、故人様が高齢のため、知らせる方が少ない方、遺族・親族や親しい方々と静かに見送りたいと願う方に多くご利用いただいております。

Q. 【ご葬儀】直葬とはすぐに火葬ができるのですか

法律では死亡後24時間は火葬をしてはいけないと決められているので、1日以上の安置が必要となります。

Q. 【ご葬儀】お棺の中に写真を入れてもいいですか

生きている方の写真をお棺へ入れると一緒に連れていかれるという迷信があり、トラブルを避けるためにもご存命の方のお写真をお棺へ入れるのは避けた方がいいでしょう。

Q. 【葬儀後】法的に有効な遺言書とは?

公正証書遺言、自筆証書遺言、秘密証書遺言、死亡危急時遺言などがあり、それぞれに定められた方式で作成しなければ無効です。なかでも、公正証書遺言が確実で安全とされています。

メニューを閉じる