仏教以外の宗旨・宗派でも対応可能ですか

2023/01/16

家族葬のすずきでは、宗旨・宗派を問わず、仏式・神式・友人葬・キリスト教などすべての葬儀を本格的なスタイルでご提供いたします。また無宗教やお別れ会などにも対応しています。

安心価格のお葬式プラン

「家族葬のすずき」が皆様に選ばれる理由


よくある質問

Q. 【ご葬儀】火葬はすぐにできるのですか

法律では死亡後24時間は火葬をしてはいけないと決められているので、1日以上の安置が必要となります。

Q. 【葬儀後】喪中はがきを出す時期はいつですか

喪中はがきは、別名「年賀欠礼状」ともいい、一般的に11月から12月の初旬には相手に届くようにしましょう。12月に身内のご不幸があった場合は、年が明けてから寒中見舞いとして送りましょう。

Q. 【葬儀前】自身の宗旨・宗派が分からない場合は?

親戚に尋ねてみると分かる場合があります。その他、実家の仏壇やお墓を調べると宗旨・宗派を確認できる場合があります。

Q. 【ご葬儀】直葬はどのような方がご利用していますか

葬儀費用を出来る限り抑えたい方や、故人様や身内が高齢で参列者も無く、家族だけで見送りたい方、通夜・葬儀(告別式)などの宗教儀礼を行わずに見送りたい方などがご利用されています。

Q. 【葬儀前】電話でも入会は可能ですか

お急ぎの場合はお電話でも「鈴の音倶楽部」の入会手続きは可能です。深夜・早朝に関わらずご遠慮なくお電話ください。家族葬のすずきでは、24時間365日体制で受付ております。

メニューを閉じる