喪中はがきを出す時期はいつですか

2023/01/16

喪中はがきは、別名「年賀欠礼状」ともいい、一般的に11月から12月の初旬には相手に届くようにしましょう。12月に身内のご不幸があった場合は、年が明けてから寒中見舞いとして送りましょう。

安心価格のお葬式プラン

「家族葬のすずき」が皆様に選ばれる理由


よくある質問

Q. 【葬儀前】対面での相談は可能ですか

はい可能です。対面でのご相談は、具体的な内容を聞いて不安や疑問を解消したい方におすすめです。また、対応エリアであればご指定先への出張相談も無料で対応いたします。

Q. 【ご葬儀】葬儀の日時はどのように決めるのですか

ご家族の希望をはじめ、葬儀式場や火葬場の空き状況、菩提寺のご都合などを総合して決めます。

Q. 【ご葬儀】葬儀場では宿泊は可能ですか

はい、通夜から告別式の終夜付き添いいただけます。お休みなられる場合は貸布団の手配も可能です。

Q. 【葬儀前】メールでの相談は可能ですか

はい可能です。メールでのご相談は少しお時間に余裕のある方や、日中仕事などで葬儀社へ相談に行けない方におすすめです。

Q. 【葬儀前】夜中であっても、身内に連絡はするべきでしょうか

故人様のご兄弟やご子息には、夜中であってもすぐに連絡するべきです。その他の親戚には、明朝にご連絡しても問題はございません。

メニューを閉じる