家族葬はどのような葬儀の事ですか

2023/01/16

家族葬とは、訃報通知を限られた方のみにお伝えし、葬儀はご家族・ご親族を中心に、親しい友人や知人、近親者とのお別れを最優先に考えた葬儀のスタイルです。また、一般的な葬儀と同様に通夜・葬儀(告別式)も執り行います。

安心価格のお葬式プラン

「家族葬のすずき」が皆様に選ばれる理由


よくある質問

Q. 【葬儀前】事前相談は何度でもできるの?

事前のご相談は何度でも可能です。少しの相談でもご遠慮なくお電話ください。

Q. 【葬儀後】永代供養ってどういうことですか

永代供養とは、後継者がいない場合や、何らかの事情で供養ができない場合、親族に代わりお寺や霊園が責任を持って故人や先祖をご供養することを「永代供養」と言います。

Q. 【ご葬儀】少人数でも葬祭場でお葬式はできますか

家族葬のすずきでは、少人数でも心温まるセレモニーを行える式場を完備しております。

Q. 【葬儀前】仏教以外の宗旨・宗派でも対応可能ですか

家族葬のすずきでは、宗旨・宗派を問わず、仏式・神式・友人葬・キリスト教などすべての葬儀を本格的なスタイルでご提供いたします。また無宗教やお別れ会などにも対応しています。

Q. 【葬儀後】喪中はがきを出す時期はいつですか

喪中はがきは、別名「年賀欠礼状」ともいい、一般的に11月から12月の初旬には相手に届くようにしましょう。12月に身内のご不幸があった場合は、年が明けてから寒中見舞いとして送りましょう。

メニューを閉じる