記事一覧ご葬儀 - 家族葬のすずき

深夜に亡くなった場合はどうしたらいいの?

2023/01/16

深夜・早朝に関わらずご遠慮なくご連絡ください。家族葬のすずきでは365日24時間で葬儀・家族葬の相談やご依頼を受付ております。

病院で葬儀社を紹介されましたがどうすればいいですか

2023/01/16

既に決めている葬儀社がある旨をお伝えしましょう。お断りすることは失礼にあたりません。

病院から自宅に帰らずに直接安置施設へ安置することは可能ですか

2023/01/16

24時間365日受け入れ可能な安置施設を完備しているので、ご自宅へ連れ戻れない場合でもご安心ください。

故人を自宅に安置できない場合はどうすればいいですか

2023/01/16

当社には故人様をお預かりできる「安置施設」を完備しております。病院や警察署、各施設からでも直接受け入れる事が可能です。

葬儀場では宿泊は可能ですか

2023/01/16

はい、通夜から告別式の終夜付き添いいただけます。お休みなられる場合は貸布団の手配も可能です。

直葬とはすぐに火葬ができるのですか

2023/01/16

法律では死亡後24時間は火葬をしてはいけないと決められているので、1日以上の安置が必要となります。

直葬はどのような方がご利用していますか

2023/01/16

葬儀費用を出来る限り抑えたい方や、故人様や身内が高齢で参列者も無く、家族だけで見送りたい方、通夜・葬儀(告別式)などの宗教儀礼を行わずに見送りたい方などがご利用されています。

お棺に入れてはいけないものはありますか

2023/01/16

原則として金属製・ガラスなど、燃えないものや有毒ガスが発生する恐れのあるものは、お棺にお納めすることができません。具体的には、めがね、入れ歯、アクセサリー、楽器、缶、ビン、茶碗、ビニール、発砲スチロール、プラスチック製品などのほか、お金も入れる事ができません。

直葬を行う際に気を付ける事はありますか

2023/01/16

菩提寺がある場合は納骨などのトラブルを避けるために事前に確認をしておきましょう。また、ご家族やご親族にも「直葬」で行う意向を伝え、理解をもらっておきましょう。

お棺の中に写真を入れてもいいですか

2023/01/16

生きている方の写真をお棺へ入れると一緒に連れていかれるという迷信があり、トラブルを避けるためにもご存命の方のお写真をお棺へ入れるのは避けた方がいいでしょう。

安心価格のお葬式プラン

「家族葬のすずき」が皆様に選ばれる理由


よくある質問

Q. 【ご葬儀】家族葬はどのような方がご利用していますか

一般的な葬儀を、費用も抑えて小規模で行いたい方や、故人様が高齢のため、知らせる方が少ない方、遺族・親族や親しい方々と静かに見送りたいと願う方に多くご利用いただいております。

Q. 【葬儀前】仏教以外の宗旨・宗派でも対応可能ですか

家族葬のすずきでは、宗旨・宗派を問わず、仏式・神式・友人葬・キリスト教などすべての葬儀を本格的なスタイルでご提供いたします。また無宗教やお別れ会などにも対応しています。

Q. 【ご葬儀】病院から自宅に帰らずに直接安置施設へ安置することは可能ですか

24時間365日受け入れ可能な安置施設を完備しているので、ご自宅へ連れ戻れない場合でもご安心ください。

Q. 【葬儀前】遺影写真はどのようなものを用意すればよいでしょうか

汚れやボヤケが無いもので、胸より上がはっきりと写っているものをお選びください。また、集合写真ではなく、おひとりで写っているものが望ましいです。

Q. 【ご葬儀】家族葬は、神式の葬儀でも対応が可能ですか

はい。対応可能です。ご依頼をいただく際に「神式」で行いたい旨を当社のスタッフにお伝えください。葬儀の打合せの際に流れや手順などの詳細をお伝えさせていただきます。

メニューを閉じる