記事一覧葬儀費用 - 家族葬のすずき

新盆(7月13日〜)ですね

2023/07/13

当社本店がある横浜市鶴見区矢向では新盆(7月13日〜7月16日)を迎えます。 お墓にご先祖様をお迎えに行き、当社店舗前で送り火をいたしました。 今年お身内を亡くされた方でお盆をすぎてから四十九日を迎えられる方は、来年が初盆になります。初盆には白提灯などを用意しますが、菩提寺によって方針が異なりますので、菩提寺がある方は伺ってみてください。 お盆については当社チラシ2022年夏号でも触れております。…

生活保護葬ってなに?

2023/03/29

生活保護を受給されている方が、亡くなられたまたは喪主として葬儀を執り行うことになった場合、葬祭扶助制度を利用することができます。葬祭扶助とは生活保護の一種で、生活保護を受けられている方が葬儀を執り行えるよう葬儀にかかる必要最低限の費用を国が負担してくれる制度です。 適応上限額は約21万5千円ほど(市区町村によって異なる)。この範囲内であれば、0円で葬儀を行える場合もございます。 葬祭扶助の適用範囲…

初めてのご葬儀でもご安心ください

2023/03/29

 

新ブランド「家族葬のすずき」

2023/02/08

当社のWEBサイトをご覧いただき、ありがとうございます。当社は「有限会社鈴木葬儀店」として地域の皆さまに支えていただき、横浜市鶴見区の地で創業90有余年になります。そして、お客様に今以上のよりよいサービスを提供したいと、令和5年より新ブランド「家族葬のすずき」を立ち上げました。 今後も、ご葬儀がはじめての喪主さまでも安心してご利用いただける、身内のように親しみやすく、葬儀のスペシャリストとして頼り…

安心価格のお葬式プラン

「家族葬のすずき」が皆様に選ばれる理由


よくある質問

Q. 【ご葬儀】お棺の中に写真を入れてもいいですか

生きている方の写真をお棺へ入れると一緒に連れていかれるという迷信があり、トラブルを避けるためにもご存命の方のお写真をお棺へ入れるのは避けた方がいいでしょう。

Q. 【ご葬儀】役所への火葬手続きはどうすればいいですか

ご安心ください。弊社が代行して役所へ死亡届けを提出し火葬許可証を取得いたします。

Q. 【ご葬儀】家族葬は、友人葬でも対応は可能ですか

はい。対応可能です。ご依頼をいただく際に「友人葬」で行いたい旨を当社のスタッフにお伝えください。葬儀の打合せの際に流れや手順などの詳細をお伝えさせていただきます。

Q. 【葬儀前】訃報の連絡を受けた場合にどのように伝えればいの?

お悔やみの言葉として「ご愁傷様でございます」または「お悔やみ申し上げます」と申し上げるのが良いでしょう。

Q. 【葬儀後】死亡後の故人名義の口座はどうなりますか

死亡後、故人様名義の銀行預金は、凍結され相続対象の財産となります。銀行はトラブルを避けるため、故人様名義の預金払い戻しには厳重な手続きを求めることが多いようです。

メニューを閉じる