記事一覧高い - 家族葬のすずき

生活保護葬ってなに?

2023/03/29

生活保護を受給されている方が、亡くなられたまたは喪主として葬儀を執り行うことになった場合、葬祭扶助制度を利用することができます。葬祭扶助とは生活保護の一種で、生活保護を受けられている方が葬儀を執り行えるよう葬儀にかかる必要最低限の費用を国が負担してくれる制度です。 適応上限額は約21万5千円ほど(市区町村によって異なる)。この範囲内であれば、0円で葬儀を行える場合もございます。 葬祭扶助の適用範囲…

初めてのご葬儀でもご安心ください

2023/03/29

 

安心価格のお葬式プラン

「家族葬のすずき」が皆様に選ばれる理由


よくある質問

Q. 【ご葬儀】葬儀の日時はどのように決めるのですか

ご家族の希望をはじめ、葬儀式場や火葬場の空き状況、菩提寺のご都合などを総合して決めます。

Q. 【ご葬儀】火葬はすぐにできるのですか

法律では死亡後24時間は火葬をしてはいけないと決められているので、1日以上の安置が必要となります。

Q. 【葬儀前】メールでの相談は可能ですか

はい可能です。メールでのご相談は少しお時間に余裕のある方や、日中仕事などで葬儀社へ相談に行けない方におすすめです。

Q. 【葬儀後】お寺と付き合いが無い場合はどうすればいいの?

菩提寺などがない場合は、家族葬のすずきが無料で信頼の有るご寺院様をご紹介させていただきます。

Q. 【ご葬儀】故人を自宅に安置できない場合はどうすればいいですか

当社には故人様をお預かりできる「安置施設」を完備しております。病院や警察署、各施設からでも直接受け入れる事が可能です。

メニューを閉じる